2008年05月13日

カルテのいろいろ

病院で、オノレのカルテをご覧になりよったことはあるんやか?
現在は、カルテの開示が法的義務となっとるので、医療機関に申し出れば、いつでも見る事ができまんねん。
とはいえ、ワイが思うには素人が見てもまるっきし内容は分かりまへんと思うでから、疑問点は医師に聞くちうのが一番ええように思われまんねん。

そないなカルテには、いろいろな決まりがあるんや。
来院日、診療行為、処方薬、検査内容やらなんやらを記載していくのやけどアンタ、カルテの記載は基本的に医師が行うものとされていまんねんわ。
受付では、医療事務がまず日付印を押し、診察室へ回しまんねん。
この時に、気をつけなくてはいけへんのが、行間と記載方法や。
カルテの行間は1行たりとも、空けてはいけまへん。
また、カルテに書き込む内容は青または黒のボールペンで記載しなくてはいけまへん。
これらは、カルテの改ざんを防ぐためや。
後で、内容を訂正する場合は、線で消してから、訂正印を押すのが決まりや。
改ざんを防ぐために、このような決まりがあるなんて、知りまへん方は多いのではおまへんでっしゃろか?

カルテの記載は医師の仕事と書きたんやが、医療事務もカルテに書き込む仕事があるんや。
それは患者はんの情報や。
医療事務の仕事をしとると、患者はんとどエライ親しくなるんや。
医師には言いにくいことも、医療事務員には話していかれる方は結構多いものや。
病気とは関係がない事だと何気に話す内容に、案外 病気に関わる秘密が隠れとることもあるのや。
これらの情報が医師の診察をスムーズにさせる役割を果たしまんねん。

患者はんには、お話好きな高齢者の方もたくはんいらっしゃいまんねんわ。
人とお話をするのが好きな方には、どエライ向いとる仕事ではおまへんでっしゃろか?
posted by 管理人 at 18:00 | TrackBack(0) | 医療事務 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96584265

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。