2008年05月13日

医療事務で大切なこと

医療事務の仕事をする上で、大切なことは専門知識ではおまへん。
一番大切なのは、思いやりの心と明るい笑顔や。

病院には、小さいお子はんからお年寄りまで、幅広い年齢層の方がいらっしゃいまんねんわ。
受付は病院の中で、一番最初に患者はんと接する場所や。
熱があって気分が悪そうな患者はんもいれば、足や腰が痛くて歩くのも辛そうな患者はんもいらっしゃいまんねんわ。
このような場合は、ウチから患者はんの方へ出向き、困っとることはないか尋ねてみるのもええでっしゃろ。
また、診察まで時間がかかるようならば、看護師や医師に診察の順番を融通してもらうよう依頼すると患者はんに喜ばれまんねん。
せやけど、その際には周りの患者はんにその旨を伝え、納得してもらうでことも必要や。

明るい笑顔も忘れてはいけまへん。
慣れてくると、どうしても態度が事務的になってしまいまんねんわ。
患者はんに安心感を与ええるためにも、いつもにこやかに対応できるようにしまひょ。

医療事務の仕事は、受付にいるだけではなく、みなの患者はんの状況を把握することが大切なのや。
オノレやったらどうされたいのかを考えて行動に移す的確な判断力を必要とされまんねん。
仕事が出来る医療事務員は、患者はんからも医師や看護師からも信頼を得ることができまんねん。
患者はんに「あんはんに会えるのが楽しみなの」と言われると、やる気も出てくるものや。

スタッフの信頼が上がると、病院の評価もアップするでっしゃろ。
地域に根づいた医療を目指しとる病院は、誠実な態度で仕事が出来る医療事務員を望んでいるのや。
posted by 管理人 at 18:00 | TrackBack(0) | 医療事務 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。