2008年05月13日

レセプト業務について

1ヶ月が過ぎるのは、あっちう間やね。
まだ、先日レセプトの仕事をしたばかりだと思っとったのに、またまたこの時期がきてしまおったんや。

レセプトの仕事は、医療事務の仕事の中で最も重要や。
わいの病院では、月末からこの準備を始めまんねん。
この時期になると、受付の机の上やパソコンの周りにはカルテで溢れかえるんや。

通常業務といっぺん進行で進めなくてはいけへんため、目の回るような忙しさや。
レセプトは間違えると、返戻と言って訂正のために戻ってきてしまうので、細心の注意を払いながら行いまんねんわ。
通常業務に支障をきたしてもいけへんので、レセプトをやる時は、同僚と交代で業務にあたるようにしていまんねんわ。
やろから、レセプトを担当する時は、ひたすらパソコンに向かって黙々と作業を進めまんねん。

カルテを見ながら病名が正しく入力されておるか、点数に誤りはないか、抜け落ちとる技術料はないか・・・やらなんやら、チェック項目は膨大や。
印刷した後、先生や看護師、医療事務員全員でチェックをしまっけど、それでも返戻は度々あるんや。
もっとスキルアップせんといけへんなぁと痛感させられる仕事や。

患者数の少ないクリニックでもこうなのやろから、総合病院では一体どれほどエライやのでっしゃろね。
残業は当たり前と言われておるけどダンはん、わいの病院では就業時間内に間に合いまへんと、先生が後を引き継いでくれへんかのまんねんわ。
医療事務のスタッフが全員 家庭を持っとるので、先生が気を使ってくださっとるようや。

病院によってやり方は随分違おるけどダンはん、働きやすい職場は結構あるのかもしれまへん。
医療事務を目指しとるのならば、いろいろな病院の評判を聞いてみるとええでっしゃろ。
オノレにあった職場がきっとあるはずや。
posted by 管理人 at 18:00 | TrackBack(0) | 医療事務 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。