2008年05月13日

制服について

医療事務の仕事を目指す方の中には、あの制服に憧れて・・・なんて人もいるのではおまへんでっしゃろか?
わいも初めて制服を着たときには、思わず「コスプレか!?」と思ってしまおったんや。

病院によって、医療事務員の制服はさまざまやね。
大きな病院だと、事務員とすぐ分かる制服やし、個人病院のような小さなクリニックだと皆はん同じ制服を着ていまんねんわ。
わいの病院では、看護師はん以外は皆 同じ制服や。

ちーとばかし前までは、看護師はんと同じワンピース型のナース服を着ておったんや。
でも、あれはホンマに動きにくい!さらには、透ける!
一応、透けにくい下着を着るのやけどアンタ、どうも気になってしゃあないやね。
看護師はん達は、動きにくくないのでっしゃろか?

整形外科では、理学療法の治療がメインや。
医療事務員も、理学療法が混み合って来ると、時折 補助の仕事に入るんや。
足元に電気治療をしたり、肩に低周波やらなんやらをする患者はんに、機械を取り付けたり外したりするのやけどアンタ、立ったりしゃがんだりする事がどエライ多いのや。
そないな時、ナース服だと所作が苦痛なんやね。
ほんで、看護師はん以外のスタッフは、全員パンツスタイルの制服に切り替えたんや。
「動きやすくなりよったのやから、今まで以上に動きなさいよ〜」とは、看護師はんのお言葉や 笑

せやけどダンさん、制服は着ていて、どエライ気持ちのええものや。
どれほど仕事に行きたくないと思っていても、制服に着替えると不思議とやる気が湧いてくるのやろから。
posted by 管理人 at 18:00 | TrackBack(0) | 医療事務 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96584250

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。