2008年05月13日

MRについて

病院に来院されるのは、患者はんばかりではおまへん。
終業時間ギリギリになると、製薬会社の方達が次から次へと来院されまんねん。
総合病院では、こうした営業マンがズラ〜っと並ぶらしいやけどアンタ、わいの病院ではせいぜい4〜5人でっしゃろか。
この営業マンのお仕事、MRちうらしく、大学生の就職活動では人気がある仕事らしいやね。
きょうびは、女性のMRの姿もよく見られまんねん。

自社の医薬品の宣伝やらなんやらのために来院されるのやけどアンタ、つくづくMRってエライ仕事だなと思うで。
受付で医療事務員に頭を低く下げ、院長に会うときは、その頭がさらに低くなっていまんねんわ。
あちらも仕事やろから、なんとか新薬を宣伝したいちうのは分かるんや。
でも、連日来られると、医師の機嫌がすごく悪くなっていくんやね。
「こっちには用がないから、帰ってもろて」と面会もしなくなるんや。
レセプトでイライラしとる時なんかは「用件があるなら電話で十分!」と切り捨てられまんねん・・・
当然、お断りをしなくてはいけへんのは医療事務員のわい達や。
予め予約を取ってもろたのに、帰っとっただかなくてはいけなくなると、もうホンマに申し訳ない気持ちでいっぱいになるんや。

病院に関係する会社のみならず、どのような会社にも営業マンっていらっしゃいまんねんわよね。
皆はん、エライ思いでお仕事されとるんでっしゃろね。
家族に営業マンを持つ医療事務員は「外であないなに頑張っとるのなら家ではのんびりさせてあげよう・・・」と言う人まで、いるほどや。
posted by 管理人 at 18:00 | TrackBack(0) | 医療事務 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。