2008年05月13日

医療事務の仕事の面白さ

医療事務の仕事に就いて、良かったと思うときは、やはり病気やらなんやら医療に関する知識が増えたことや。
といっても、わいは整形外科に勤務しとるので、整形外科に関する知識しかおまへんが・・・
でも、家族に膝が痛いと肩が痛いとか言われると、「よし来た!」とばかりに知識を披露しまんねん。
(完全に自己満足やけどアンタ・・・)
ただ単に足が痛いといっても、『骨が変形しておるから』とか『腰痛からきとる痛みやしびれ』やったりするんや。
医療事務の仕事に就いていなかったら、まるっきし興味のない話やけどアンタ、年寄りの親戚からは重宝がられていまんねんわ 笑

専門分野に関する知識はあっても、他科のことになると乏しくなってしまうのが、クリニック勤務の欠点でっしゃろ。
例えば、他の病院に行った時に、もろてきた領収書を「この点数は何の点数か」と、看護師はん達と調べたりすることもあるんや。
病院には、医科点数表ちうのがあって、治療に関する点数がみな載っていまんねんわ。
レセプトや会計には、欠かせへんもので、これさえあれば『鬼に金棒』ちう代物や。
点数は2年にいっぺん、改訂されるので、医療事務の仕事は常に勉強が必要なのや。

これらの知識は、自然に覚えられるものと、勉強せんと覚えられへんものがあるんや。
せやけどダンさん、特別 難しく考えることはおまへん。
興味を持った病気やったり、薬やったり、ホンマに小さな事からでもええのや。
医療事務の仕事が楽しくなってきたら、何ぞ一つ覚えるとさらにもう一つ・・・と、どんどん覚えたくなるものや。
posted by 管理人 at 18:00 | TrackBack(0) | 医療事務 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96584245

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。