2008年05月13日

薬の処方について

病院にかかってお薬をもらう時、病院でもらいまんねんわか?それとも、調剤薬局でもらいまんねんわか?
今は、ようけの病院が院外処方といって、調剤薬局でもらうようになっていまんねんわ。
わいもかかりつけの病院は、院外処方やので、調剤薬局でお薬をもらいまんねんわ。
でも、これって雨の日や子供が熱を出してぐったりしとる時やらなんやらは、結構 負担なんやね。
しかも、医療費の負担も高くなるんや。
わいの勤めとるクリニックでは、院内処方でお薬を渡していまんねんわ。
クリニックの経営を考えるとマイナスなのやけどアンタ、高齢者が多いことを考えると、院内処方は患者はんにはどエライ優しい仕組みだと思うで。

院内処方だと、当然 クリニックで薬を管理する事になるんや。
これは、医療事務の仕事や。
毎日、在庫を調べて、不足分を注文しまんねん。
薬には使用期限があるさかいに、頻繁に出ない薬は、期限がきれておらへんかどうかもチェックしまんねん。
患者はんに薬が処方される時は、用意された薬を薬袋に入れることもあるんや。
この時には、細心の注意が必要や。
患者はんの名前、服用方法、処方日数が合っておるかどうかのチェックをしまんねん。
さらに、処方箋も出さなくてはいけまへん。
これらと、合っておるかもっかいチェック。ほんで、他の医療事務員の目でもういっぺん、チェックしまんねん。

薬は、患者はんの体に入るものやので、この仕事をする時が一番 緊張しまんねん。
医師からの処方上の注意を患者はんに伝えるのも、大事な仕事や。
質問を受けたら、勝手に答えることはせんで、医師に確認しまんねん。
あくまでも、医療事務員はメッセンジャーの役割をするわけや。

精神的には一番疲れる仕事やけどアンタ、この仕事のおかげで薬の知識が増えたのは言うまでもおまへん。
posted by 管理人 at 18:00 | TrackBack(0) | 医療事務 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。