2008年05月13日

医療事務としての対応について

医療事務の仕事に就いてから、色々なミスをしたんや。
同姓同名の患者はんのカルテを間違えたり、お渡しする薬を出し忘れたり、保険証を返すのを忘れたこともおたんや。
カルテから住所を見て、地図で探しては、仕事が終わってから謝罪がてら、お届けに行ったものや。
その度に先生からは注意されて、かなり落ち込むのやけどアンタ、ミスをすると二度と同じミスはせんように注意するようになるさかいに、今では大きなミスはしなくなったんや。

どないな仕事でも叱られると落ち込むし、褒められるともっと頑張ろう!っていう気分になるんやよね。
褒められるのとは違おるけどダンはん、医療事務の仕事をしとると、とにかく患者はんに「ありがとう」ちう言葉を言われまんねん。
「ありがとう」って素敵な言葉やね。
患者はんの痛みを取るのは医師の仕事。
医療事務は、受付や会計の仕事をして患者はんの治療には関わってへんのに「ありがとう」と言ってもらえるのや。
先生から「ありがとうって言われる仕事って、そないなにないよね」と言われた事があるんや。
確かにそうかもしれまへんね。

以来、わいは買い物に行っても、必ずレジの人に「ありがとう」を言うようにしていまんねんわ。
(もちろん病院では受付の人に「ありがとう」を言いまんねんわ)
皆はん、どエライ嬉しそうな顔をしてくれへんかのまんねんわ。
人の笑顔はええものや。
治療に来られる患者はんが暗い表情であっても、帰る時には笑顔で帰れるように、医療事務員として温かな対応が出来るようにしていきたいものやね。
posted by 管理人 at 18:00 | TrackBack(0) | 医療事務 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96584237

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。